遠い遠い時の果て/在遥远的遥远的时间尽头
そこに住まう人は皆/那里的居民
永遠の命をもつ世界での話/大家都拥有永恒的生命 那样的世界里的故事
赤い実の成る木の下/在结出鲜红果实的树下
La La Lu La 生まれながらに/La La Lu La 从出生时开始
死の呪いがかけられた少女の話/便背负着死亡的诅咒的少女的故事

..music..

色付いた街外れ/远离色彩斑斓的街道
蒼く光る湖畔/闪烁着蓝色光芒的湖畔
赤い実のお菓子屋/有家卖红色果实的点心屋
ちょっぴり寒くなった/在有些微冷的今天
今日は妙に誇らしげ/带着少许的自满
自信作を売りにゆく/去兜售自己的自信作品
待ってて 今度こそ 美味しいんだから/等着吧 这次一定很美味的

時計塔の見える市 驚いた/在能看见钟楼的集市 她惊叹道
珍しく賑やかね La La Lu La Lucky!!/真是少有的热闹呢 La La Lu La Lucky!!
物憂げな街の隅 ひとり/在无精打采的街道一角 独自一人喊着
赤い実のパイどうですか 自信作なの/要不要来块红色果实做的派?是我的自信作品呢

そんなのひとつも売れないさ/那种东西才不会有人去买
少女を見て蔑む人達/人们轻蔑地看着少女
みんなと何も変わらないのに/明明和大家没有什么不同的
美味しくできたのに/明明做的很美味的

今日も声は届かないのね/今天声音仍然无法传达
まるで透明になったみたいだわ/仿佛变成了无色透明一般
そうして誰もが知らぬ振りをした/就这样大家对她视而不见
何故なら少女は呪われているから/只因为少女是被诅咒的
死んだ世界で唯ひとり生きていた少女の話/在死亡的世界 仅仅一人的少女的故事

夜なべでアレンジパイと にっこりスマイル引っ提げ/傍晚微笑着提着改进过的派
少女はまだ諦めない/少女还没有放弃
時計塔の針も空を指して/钟楼的指针指向天空
お腹も鳴るそんな時/肚子也开始悲鸣的那时

ふと後ろから人が少女を押す/少女被人挤倒
甘い籠は落ちる/甜甜的篮子甩落在地
お菓子を踏み行く人達/行人们表情平淡
平気な顔してさ/从点心上迈步踏过
惨めに拾い集める/凄惨的收拾着残局时
ふともうひとりの手が/另一只手伸过
どろどろのパイを徐に口に入れて/将破碎的派缓缓放入口中
「おいしいね」/“真好吃啊”

その声で心は溢れた/心中被那声音充满
まるで輪郭を描いたみたいだわ/仿佛被描绘出轮廓一般
そうして彼は手を差し出した/就这样他向她伸出手
何故なら少女に呪われているから/因为他已经被少女诅咒了
死んだ世界で唯ふたり生きていた遠い物語/在死亡的世界 仅仅两人的遥远的故事

..music..

街の人達は哀れむ/街上行人同情着他们
赤い実を食べて呪われた者を/这些吃了红色果实被诅咒的人
永遠に生きられずに死ぬのさ/没有活到永远就将迎来死亡
嗚呼なんて可哀想な話/啊啊 这是多么可怜的事

ふたりは笑う それでも笑う/两人笑了 即便如此还是笑了
La La La とっても素敵な呪いね/La La La 真是美妙的诅咒啊
例え明日死んでも/即使明天就会死去
『今』が確かで大切になるから/“现在”已显得如此珍贵

もう声は届かないのね/现在声音已无法传达
まるで透明になったみたいだわ/仿佛变成了无色透明一般
そうして誰もが知らぬ振りをした/就这样大家对他们视而不见
何故なら世界が呪われているから/因为这个世界 被诅咒了

『永遠』の呪いは解かれていた/解开了“永远”的诅咒的两人
まるでふたりの方が狂ったみたいだろう/在旁人眼中一定像是疯了一般
そうしていつか笑うように眠る/然后总有一天会微笑着长眠
何故ならふたりは放たれているから/因为两人被这世界所放逐
死んだ世界で唯ふたりだけが幸せだった/在死亡的世界 仅仅两人幸福的生活着