tilt-six 【初音ミク】
例えば ここで 耳を 塞いで
1人で しゃがんで 地面を 见つめて
変われない 仆らに 君は 応えた
意味の无い 时间を 君は 救った
ほら见て 例えば こんな风に 飞べたら
今 踊るように 夜を越えて
息を止め  目を开けた
足元に 见える町并みに
君の涙が 雨になる
ホシゾラに 落ちるアメは
君の世界を 濡らしていく
夜明けを待って消えちゃう前に
もう一度欲しかった明日へ
いつか见た梦
それらは きっと
いくつか崩れた
ここで泣いてるのは
谁にもバレないから
涙が描いた 轨道に乗って
眠るように 踊る夜を
息を吸って 目を闭じて
ホシゾラに降る テンキアメなら
反射して きらめく

今までの 君を流した
君の街に 降る雨が
形を変えて 君のために
1人でも 踊れる明日へ
试す様に
そこに落ちた
一粒の涙の音が
寻ねた
君の侧に
ほしかったの それは
勇気
続けざまに
落ち続けた
たくさんの梦や希望が言う
今日は星空が绮丽なんだ
あとは君次第なんだから
夜を越えに 踊るんだ
空を飞び 息をして
足元に 见える町并みに
仆の涙が 雨になる
あのホシゾラに 降る雨は
君の世界を 濡らしていく
夜明けを待って 消えちゃう前に
もう一度欲しかった明日へ
さぁ