哀しい歌をふいに思い出した
夏の毛布にもぐり込んだ夜なのに
冷たい雨に足を速めても
失くしたものに届かないと泣いていた 君の歌

家に帰る道では指を离せずに
远い电车の音 优しい海鸣りに変えた
二人で

子供の顷に読んだIndioの南へ
船の出る时间を二人でほら、书いたノート
乾いた风に翳り无い太阳
幻の大地を私だけが彷徨ってる 今も

君のくれたもの忘れたくなくて
远い海鸣りに耳を澄ます
一人で