世界はもう行き止まり。
後はただ食い潰して終わるだけ。
そんな場所に生まれて、
終わらない天国と、
鳴り止まない讃美歌に侵されて、
今日も息をしています。
繋がって交わって、
唐突に虚しくなるのはどうして?
偉そうに「他人に飽きた」と。
暗い未来、鈍い過去、
全部もう忘れてしまいたいだけ。
精神を保つ為に。
才能が無かったんだ。
人として生きるだけの。

ああどうか、覚えていて。
海の底で息を殺して。
ただ誰かに、愛されたいの。
私もただのヒトになる為。
それ以外はもういいよ。
もういいの。

世界はもう行き止まり。
始まった物語は終わるだけ。
いつかは辿り着く最期、
その時に誰も皆、気付くでしょう。
大切だったものはそう、
殆どがガラクタだったと。
名前を呼んで欲しいの。
私にはそれしか無いから。

(ベシミスト 種の保存
ゲル状に溶け出していく幸福
人類は産まれた時から
終わりへと突き進む
後はもう食い潰して終わるだけ
自分が立つ大地さえも)
才能が無かったんだ。
人として生きるだけの。
それが解っているのに、
呼吸を止めないの。
何故。
ああどうか、覚えていて。
海の底で息を殺して。
ただ誰かに、愛されたいの。
私もただのヒトになる為。
それ以外はもういいよ。
もういいの。