荒木一郎
空に星があるように
浜辺に砂があるように
ボクの心にたった一つの
小さな梦がありました
风が东に 吹くように
川が流れて 行くように
时の流れにたった一つの
小さな梦は 消えました

淋しく 淋しく 星を见つめ
ひとりで ひとりで 泪にぬれる
何もかも すべては
终ってしまったけれど
何もかも まわりは
消えてしまったけれど
春に小雨が降るように
秋に枯叶が散るように
それは谁にもあるような
ただの季节の かわりめの顷