光一つも届かない 冷たくなったこの部屋で 在连一束光芒也抵达不了 而变得冰冷的这房内
最期になった揺り籠を 揺らしましょう 将走至末途的摇笼 摇动起来吧
彼女は彼に笑顔と 無償の愛を捧げました 她对他献上了 笑容与无偿的爱
サヨウナラのそのときも こう言いました 就连说出再见的那时 也这麼说了
『泣かないで 私はきっと  『不要哭了 我啊一定是
あなたにこうされたいと望んだの 希望能这样被你杀掉的
悔やまないで すぐに会えるから ねぇ もう 不要后悔了 因为马上就能再见面了 呐 不要再这样了
大丈夫 あなたはきっと  没问题的 我觉得你绝对
狂ってなんかないと思うの 不是疯了或什麼的
少しだけ Unreal ただそれだけ』 只是有些 Unreal 就那样而已』
彼は彼女の命を 自分の手で終わらせました 他让她的生命 在自己的手中结束
二人にとって何よりも大事な日でした 那是对两人来说比什麼 都还重要的日子
鉄格子に囲まれ 死んでる目で息をして 被铁格栏包围 露出死人般的目光呼吸著
何千回許されたあとも こう言いました 连在被原谅了数千回后 也这麼说了
『この手は血でふやけて  『虽然这双手已经被血浸润
元にはもう戻らないけれど 而无法恢复原状了
悔やまないよ すぐに会えるから ねぇ でも 但我不后悔喔 因为马上就能再见面了 呐 但是啊
思い出して泣くよりずっと  比起回忆起 然后哭泣
思い出せないことに怯える 我还更畏惧无法再度想起
迷いはない 後悔もない  没有迷惘 也没有后悔
少しだけ 怖いけど…』 虽然有点 感觉害怕……』
彼は今 最期の瞬間  此刻就是他 最后的瞬间
震える心身と引き換えに 与颤抖的身心相反地
思い出します 彼女の言葉を 今 今 想起了 她说的话 现在 现在
『泣かないで 私はきっと  『不要哭了 我啊一定是
あなたにこうされたいと望んだの 希望能这样被你杀掉的
悔やまないで すぐに会えるから ねぇ もう 不要后悔了 因为马上就能再见面了 呐 不要再这样了
大丈夫 あなたはきっと  没问题的 我觉得你绝对
狂ってなんかないと思うの 不是疯了或什麼的
祝福の鐘が鳴り  祝福的钟声响起
足元が軽くなり 今会いに行く 脚步变得轻盈 现在 就去见你了
今会いに行く 现在 就去见你了