悲(かな)しみの海(うみ)に沈(しず)んだ私(わたし)
目(め)开(あ)けるをも亿劫(おっくう)
このままどこまでも堕(お)ちて行(ゆ)き
谁(だれ)にも见(み)つけられないのかな ?
どこへ向(む)かい、何(なに)をすれば
ふと差(さ)し込(こ)む一筋(ひとすじ)の光(ひかり)
手(て)を伸(の)ばせば届(とど)きそうだけど
波(なみ)に拐(さら)われて见(み)失(うしな)った
あれは一体(いったい)なんだったのかな
あたたかくて眩しかったの )?
无意识(むいしき)のカウンターイルミネーション
嘘(うそ)つきは谁(だれ
深海(しんかい)少女(しょうじょ) まだまだ沈(しず)む
暗暗(くらやみ)の彼方(かなた)へ闭(と)じこもる)
深海(しんかい)少女(しょうじょ) だけど知(し)りたい
心(こころ)惹(ひ)かれるあの人(ひと)を见(み)つけたから
昼(ひる)も夜(よる)も无(な)かったこの场所(ばしょ
なのに眠(ねむ)れない夜(よる)は続(つづ)く
自由(じゆう)の羽(はね)大(おお)きく広(ひろ)げて
泳(およ)ぐあなたは奇丽(きれい)でした
そしてまた光(ひかり)は降(ふ)りそそぐ
见(み)とれていたら目(め)が合(あ)った
気付(きづ)いてこっちを振(ふ)り返(かえ)るあなたに
嘘(うそ)つきな私(わたし)
深海(しんかい)少女(しょうじょ) わざわざ沈(しず)む
暗暗(くらやみ)のさなかに赤(あか)い頬(ほほ)
深海(しんかい)少女(しょうじょ) ハダカの心(こころ)を
见(み)せる勇気(ゆうき)
黒(くろ)い海(うみ)がまだ许(ゆる)さない
こんなに服(ふく)は汚(よご)れてしまった
笑颜(おがお)も丑(みにく)くゆがんでいっ た
谁(だれ)にも合(あ)わせる颜(かお)なんて无(な)いの
もう 放(ほう)っておいてよ
声(こえ)にならない気(き)持(も)ちが溢(あふ)れた
次(つぎ)の瞬间(しゅんかん)
君(きみ)が突然(とつぜん)姿(すがた)を消(け)した
心配性(しんぱいしょう)の 彼女(かのじょ)は焦(あせ)る
暗(やみ)が彼(かれ)を隠(かく)しひとりきり
限界(げんかい)少女(しょうじょ) その手(て)を伸(の)ばす
「ほらね、君(きみ)も素敌(すてき)な色(いろ)を隠(かく)してた」
深海(しんかい)少女(しょうじょ) 腕(うで)を引(ひ)かれる
歌(うた)う祝福(しゅくふく)のマリンスノー
深海(しんかい)少女(しょうじょ) もっと知(し)りたい
心(こころ)惹(ひ)かれる あの人(ひと)を见(み)つけたから
この海(うみ)を出(で)て 今(いま)飞(と)び立(た)つの